一流と言われる美容師だけが本物か?

一流と言われる美容師だけが本物か?

世間で言う「一流の美容師」や「カリスマ美容師」という表現にはどんな意味と内容が有るのでしょうか。

 

一流の美容師と一般の美容師の間にはどんな違いが有るのでしょうか考えてみたいと思います。

 

 

 

この違いを認識することで「良い美容室を選ぶヒント」になるかも知れません。

 

音楽家でも同じですが、ヒットチャートに乗っていてCDやテレビ出演も多いミュージシャンが一流かと言いますと必ずしも一致しません。

 

 

 

名前が売れていなくても、音楽に対する造詣が深く、奏でる音楽も世界的に評価の高い方もおります。

 

有名になっても音楽に中身もなく演奏もあまり上手でない方も多くおります。

 

 

 

美容業界にも似たような現象が現れており、マスコミなどで掻き立てられて人気急上昇の美容師が「カリスマ美容師」などと喧伝されているケースも多く見られます。

 

この業界ではスポーツ選手のような勝ち負けのルールも有りませんし、適切な評価基準も有りません。

 

 

 

では、現在の「一流の美容師」とか「カリスマ美容師」と呼ばれる方について考えてみましょう。

 

 

 

◆プロの世界でのイベントでのコンテストやヘアショーなどで数々の賞を受賞している人。
◆高額で高級な美容院を経営して有名人、著名人を数多く顧客としている。
◆マスコミなどに上手に売込み雑誌やテレビなどで話題になっている。
上記の様な形にうまくハマっている人が一流としての評価を受けているようですが、これらはマスコミや一部の口コミなどで過大評価されていることが殆どかもしれません。
いわば、商売上手な方が多いようで実際の技術とは必ずしも一致しません。
むしろ、そのようなPRを一切拒否して地道に技術を磨いて毎日のお得意様のために努力している一流の美容師が多く存在しています。