美容室と理容室の違い

美容室と理容室の違い

美容室と理容室はどう違うのかというと、本来は男性が行くのが理容室で女性が行くのが美容室と思う人も少なくないでしょう。でも男性が美容室に行くことはもちろん多くありますし、女性が理容室に行くということも結構あるのです。

 

 

 

基本的に美容師は髪型を整える仕事であり、理容師は髪を切る仕事ということになるのです。最初は理容美容が一緒だった理容師法というものが、昭和23年1月に作られたのですが、昭和32年には、理容師法と美容師法というように二つに分かれたのです。

 

 

 

理容というのは文明開化の断髪令があった頃なのですが、女性は明治時代になっても髪を結うということが当然だったので、髪を切るという概念は無かったのです。今思えば不思議なことですが、その辺りから理容と美容というものは区切られて、区別されてきたということになります。

 

 

 

そしてシャンプーする時に美容室の場合は仰向けになり、理容室の場合は前かがみになるというような印象がありますが、近頃では理容室においても仰向けでシャンプーするということが増えているようです。

 

 

 

数から見てみると、美容室はどんどん増えているように思うのに、理容室はあまり増えていないように感じますよね。それは実際にいえることで、美容室は現在は全国で25万店くらいあると言われています。

 

 

 

ところが理容室の場合は10年前くらいから14万店くらいということから数が変わっていない状態だそうです。そう考えると、やはり男性が美容室に行くことが増えてきたということがあるからかもしれませんね。