美容室業界の現状

美容室業界の現状

この10年間ぐらいは美容室の件数が増え続けておりますので、美容室業界の供給は需要に対して過剰になっております。

 

そのために経営状態が悪化して廃業に追い込まれている美容室が増えております。

 

 

 

特に地域によっては集中的に美容室が増えて、競争が激化している状態が進んでおり苦しむ経営者が多くなっています。

 

このような現象が起きた背景には、一時の美容ブームで美容師に憧れる人たちが一斉に美容師学校を卒業して、国家試験に合格して美容師の免許を取得した人数が増えたことと、何と言っても日本の人工構造が少子高齢化のために若い世帯が減っていることが原因となっております。

 

 

 

美容室経営が厳しくなる中で、経営者たちは人件費の削減を余儀なくされているので、新規の美容師の採用も思うようになりません。

 

このような厳しい現状下では、せっかく時間と金をかけて美容師の免許を取得した若者たちの夢も破れて美容師になることを諦めた方も増えています。

 

 

 

結果として新しい良い人材を確保することも難しくなっており、経営の悪化に苦しむ上に新しい人材の確保にも苦しむという負のスパイラル現象に落ちいっています。

 

しかし、このような中でも確実にお得意様を増やして健全な経営状態を保っている美容室も多くあります。

 

 

 

その様な美容室を観察しますと、ブームに沸いた時も、はしゃがないで堅実に地道に技術を磨き常に前向きに研究して、大切なお得意様に満足してもらうことに専念しています。

 

そして、何よりも常にお得意様や従業員を大切にして、決して儲け主義に走らないで常にリーゾナブルな料金体系を維持しております。
結局、このような地道な努力に対してお客様は安心と信頼を強くしているのだと感じます。

 

 

 

安心できて信頼の置ける経営姿勢に対する評価でお得意様から次のお客さまを紹介してもらえております。